読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cvl-robot's diary

研究ノート メモメモ https://github.com/dotchang/

Ti C2000 F28027FやF28069MマイコンにRS485を接続する方法

TIのInstaSPINマイコンを汎用モータードライバに使いたいとき、インターフェースのショボさが致命的な欠点になります。
モータは複数台を同時に使いたい場面が多くあると思うのですが、SCI(UART)ピンは出ているもののTX,RXしか出ていません。
汎用ピンが一杯余っていればいいのですが、モータードライバボードをマウントしてしまうと、片手ほども余っていません。
どうすればいいのかなー、と思って掲示板を見ていたら答えがありました。

Reference

TIDA-00540 RS-485 / RS-232 Multiprotocol Transceiver Reference Design | TI.com

ま、こんな面倒でコストがかかりそうな物、いちいち作っていられませんね。売ってくれ~。
F28069MのCANを使う方向で検討します。


この回路を作れば行けそう!
RS232C-RS485変換機

F28027用RS485Interface 追記2017/01/27

一応、設計し直してみました。
一応、動くことを確認しました。
9600bps用に約2msecのRTS信号を作っているので、通信速度を変更するときはCRの作るtwを確認して調整する必要があります。
74HC123のメーカーやパッケージによってtwが異なることがあるようなので、データーシートをよく確認してください。
送信は大丈夫なようなのですが、受信でエラーがやたらと多いので何か間違いがあるかもしれません。

f:id:cvl-robot:20170127162214p:plain
中途半端な実態配線図みたいな回路図で、見にくくてすみません。

今日のはんだごて

普通のやつを2~3本買うぐらいなら、覚悟を決めてこれ一本持っていた方が良い。
ハッコー(HAKKO) 小型温調式はんだこて デジタルタイプ FX888D-01SV